猫背を筋トレで矯正

筋トレのやり方を紹介

姿勢を保つための筋力が弱いと、背筋を伸ばした状態をキープすることが難しく猫背になってしまいます。元々の筋力も関係していますが、実際には猫背によって更に筋力が弱るとも言われていますので、猫背と筋肉には大きな関係性があると言えます。

 

猫背と筋肉関係

背骨を支えている筋肉と言えば背筋を思い浮かべる人が多いのではないかと思いますが、実際は背筋だけではありません。
猫背を改善するためには背筋と腹筋をバランスよく鍛えることが重要です。
また、肩甲骨の筋肉も猫背と関係していますので、これらの筋肉も同時に鍛えることが理想的であると言えます。

 

猫背の改善に効果的な筋トレ

無理をすると長続きをしませんので、自分に出来る範囲で筋トレに取り組みましょう。

 

背中と腰周辺の筋トレ

1.うつ伏せに寝て、手はあごの下で組みます。
2.足は肩幅よりやや広めに開いて下さい。
3.両足を上にあげ、3秒間その状態をキープします。
4.ゆっくりと足を下して元の状態に戻って下さい。

 

お腹の筋トレ

1.仰向けに寝て、頭の後ろで両手を組みます。
2.足を上げて、膝は90度に曲げて下さい。
3.おへそを覗き込むように背中を丸め、軽く上体を起こします。
4.ゆっくりと元の状態に戻ります。

 

肩、肩甲骨周辺の筋トレ

1.うつ伏せに寝ます。
2.両腕を前に伸ばして、バンザイの体勢を10秒間キープします。
3.今度は両腕を真横に伸ばして同じく10秒間キープして下さい

※両手はギリギリ床に付かないくらいに上げておくと効果的です。

 

いずれの筋トレも体力に合わせて数回行って下さい。