猫背のチェック

猫背になりやすい人とチェック法

姿勢は無意識の習慣になっていますので、人に姿勢が悪いと指摘されて初めて猫背かもしれないという疑いを持つ方も少なくないのではないでしょうか。

 

猫背には普段の姿勢や生活習慣が大きく関係していますので、知らず知らずに猫背になりやすい環境に陥っている方もいらっしゃいます。ここでは猫背になりやすい人と併せて、実際に自分が猫背であるかどうかチェックする方法をご紹介いしたします。

 

猫背になりやすい人をチェック

 

・デスクワークをしている
・パソコン、携帯電話を長時間使っている
・背もたれに寄りかかって座る
・足をよく組む
・ハイヒールをよく履く
・写真をとるとき顎を引いてといわれる

 

これらの項目に当てはまる方は猫背になりやすいですので、普段から姿勢に注意しておきましょう。

 

猫背のチェック方法

まず、壁に頭と肩、かかとをくっつけるように立ってみましょう。
この時、体に何か違和感があるでしょうか?

 

・後頭部が壁につかない
・あごが上がって上をむいてしまう
・腰が痛い
・腰と壁の間に大きな隙間(手のひら2枚分以上)がある
・ふくらはぎが張る
・前に倒れそうになる

 

上記のような場合は猫背の可能性があります。
また、この姿勢が取れないと言った方も同様です。

 

上記の項目に当てはまらず、楽に壁に付くことの出来る方は猫背の可能性は低いのではないかと思われます。

 

正しい姿勢とは

人間の背骨は本来、S字型に緩やかなカーブを描いていますので、真っ直ぐな方はいらっしゃいません。上記の猫背チェック方法を試した場合、壁と腰の隙間が手のひら1枚分くらいが理想的だと言われています。

猫背のチェック方法 簡単自己チェックリスト関連ページ

日常生活に潜む4つの原因
症状や体への影響
整体・整骨院による治療効果