猫背をクッションで矯正

クッションを使った矯正のやり方

長時間デスクワークを行っている方や、長時間椅子に座っている方は猫背になりやすいと言われています。

 

どんなに姿勢に気を付けていても、座ったままでパソコンをしたり、何かしらの作業をしたりしていると、無意識に背中が丸まって前かがみの姿勢になっているという方も少なくないではないでしょうか。

 

長時間座っていると、どうしても時に楽な姿勢をとろうとしてしまうものですよね。しかし、楽な姿勢ばかりとっていると猫背が悪化してしまう可能性が大きいので注意が必要です。

 

また、自宅でも椅子やソファに座っている時に、無意識に猫背になっている、または猫背になりやすい姿勢をとっているという方も多いようです。こういった方は座っている時の姿勢に気を付けるとともに、クッションを利用して猫背を予防・改善しましょう。

 

猫背になりやすい座り方

まずはご自分の座り方をチェックしてみましょう。
以下の項目に当てはまる方は要注意です。

 

・椅子に浅く腰かけている
・背もたれを使う
・足をよく組む
・シートを倒す(リクライニング機能があるもの)

 

正しい座り方

まず、正しく椅子に座ることが大事です。
椅子の高さは足裏がきちんと床に付くように調節します。
背もたれは90度が理想的です。

 

後ろに倒れすぎていても猫背になりやすいですので気を付けて下さい。
椅子に座る時は、深く腰掛けてお尻を背もたれに付けるように座ります。

 

猫背改善のためのクッション利用法

椅子に座った時に、背もたれと腰の間にできる隙間にクッションを入れておくと猫背を改善する効果があると言われています。通常のクッションでも構いませんが、最近では猫背用に作られているクッションが販売されていますので、そちらを利用してみるものいいのではないかと思います。

 

背もたれに置くタイプや、椅子の座面におくタイプなどがあり、自然に姿勢を保つための工夫が成されています。